« ゴッホ展 | メイン | 日々の風景 »

2013年5月16日 (木曜日)

物語 - 1.日々の雑記

どちらの立場に立って、物事を考えるか
それによって、物語の解釈は大きく変わってしまう

戦いにおける、勝者と敗者
現存する物語の多くは、勝者によって美化された書物

事実を知りたい欲求から、中立的なその解を求めようとするが
互いの言い分がある事実だけで、事実そのものの定義は無意味である

相手がどんなことを、考えているか
どんな言葉で伝えたら、気持ちが届くのだろう

言葉は、単なる手段のひとつ
伝わるか届くかは、その時の求めているもの、求め方の違いに依存する

相手が何を求めているのか、それを互いに、知ろうとしたり探そうとする
互いが確認しあって、その距離を縮めて、近づけていこうとする

相手に一方的に求めていると、届かないこともある
どちらかの立場で見ている限り、きっと気持ちは届かないし、伝わらない

wrote by Satoshi Ohtani : 2013年5月16日 12:50

コメントする

*
*
*

文字化けを防ぐために、半角カタカナ、丸文字、特殊文字は使用しないでください。
*印の付いた必須項目に入力漏れのある場合は、投稿できませんのでご注意ください。

Copyright © 2020 by Satoshi Ohtani, All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.