« 何となく | メイン | 日本人 »

2013年6月30日 (日曜日)

教える - 1.日々の雑記

人を育てようと考えるならば、
教える側には、絶対的な価値基準が必要となる

良いものは良いし、ダメなものはダメ

しかし、教える側の絶対的な基準を、
すべての人に、同じものを求めるのは間違っている

その絶対的な基準にしたがって、
いま求めるべき、相手に合った基準を定義する

良かったら褒める、ダメなら悲しむ

これを繰り返していると、
時に教える側の顔色や様子を見て、行動するようになる

よって、大切なことは、
何が良くてダメなのかを、丁寧に説明することにある

いま何が求められていて、
そして、自分は何をしなければならなかったのかを

気に入られようとさせるのではなく、
良いから、評価され、ダメだから、否定される

これを正しく理解させて、自分なりの基準を形成させる

成長とは、経験と学習による行動の変化であり、
教えるとは、決して自分の基準を押し付けることではない

wrote by Satoshi Ohtani : 2013年6月30日 21:33

コメントする

*
*
*

文字化けを防ぐために、半角カタカナ、丸文字、特殊文字は使用しないでください。
*印の付いた必須項目に入力漏れのある場合は、投稿できませんのでご注意ください。

Copyright © 2020 by Satoshi Ohtani, All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.