« 考え方 | メイン | 前向き »

2013年7月25日 (木曜日)

外国語 - 1.日々の雑記

日本語が正しく話せない人は、
外国語が上手に話せたり、上達などはしません

その人が使う言葉は、
その人の思考と行動を、顕著に表しています

思考と言動が密接に関係しているのは、
人は考えるときに、言葉で考えて、判断しているからです

だから、言葉によって、
大衆や人の心を、動かすこともできてしまうのです

日本語で表現できることの、
半分以下くらいしか、外国語では表現できないはずです

母国語の日本語すら満足に話せないのに、
外国語は上手に話せる、そんなことはありませんから

外国語を上達したければ、
まずは、正しく日本語で表現できることが、大切です

ちなみに、私は普段の会話のときに、頭の片隅で、
日本語と英語の両方で考える癖をつけてます

wrote by Satoshi Ohtani : 2013年7月25日 00:11

コメントする

*
*
*

文字化けを防ぐために、半角カタカナ、丸文字、特殊文字は使用しないでください。
*印の付いた必須項目に入力漏れのある場合は、投稿できませんのでご注意ください。

Copyright © 2020 by Satoshi Ohtani, All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.