« 理解 | メイン | 想い »

2014年1月24日 (金曜日)

看病 - 1.日々の雑記

助けて欲しい、そう言われた時に、
相手に、何を差し出すかで、真剣さが試される

痛みを感じている人に、痛み止めの注射を投与する
また痛みを感じた時は、繰り返し、注射薬を投与する

一時的には痛みは和らいで、苦痛はなくなる
ただし、根本的な治癒を、施した訳ではない

仕事上で、行き詰ったり、悩みがあったり
そんな時は、酒を飲んで慰めあうのは、悪くない

でも、また明日になれば、現実に舞い戻る
そして、苦悩を感じる場所から、逃れることができない

本当の意味で、人を助けるということは、
自立できる環境や考え方を伝えて、自信をもたせる

鎮痛剤が欲しい時なのか、その見極めと判断は難しい
しかし、投与し続けることは、永遠に看病することだと、理解すべきです

wrote by Satoshi Ohtani : 2014年1月24日 23:23

コメントする

*
*
*

文字化けを防ぐために、半角カタカナ、丸文字、特殊文字は使用しないでください。
*印の付いた必須項目に入力漏れのある場合は、投稿できませんのでご注意ください。

Copyright © 2020 by Satoshi Ohtani, All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.