« 問題 | メイン | 看病 »

2014年1月24日 (金曜日)

理解 - 1.日々の雑記

問題の理解や意識が、共有できず、共感もできない
希薄で、ずれや温度差がある、そう感じることはありませんか

そんな時は、きっと本人や周囲から提示された、
問題の題目(=タイトル)だけを聞いて、理解しているからです

いわゆる、それは、わかった気がしているだけです
根を深くしているのは、わかった気になっている点です

実際に自分の目で見て、判断しないからです
客観的な情報だけで、理解したと勘違いしているからです

論理的かつ形式知の情報を大切にし、
アナログな情報をデジタルに変換し、ノイズを削除しています

よって、その問題の方向は理解できたとしても、
その深さや面積を、感じることができません

頭でわかったとしても、実際には正しく理解できません
主観そして感受が、とても大切なのです

特に、そのような場面を経験したことがない方や、
また、経験の浅い方は、頭でっかちの傾向にあります

だから、辛いことも多いけど、苦労することも必要なのです

外国の方に、おもてなしや和の心を、理解してもらう
日本の方が、放牧民の生活様式や文化を、理解する

机上で、表面的には理解したつもりでも、
実際に体感しなければ、真の理解はできません

wrote by Satoshi Ohtani : 2014年1月24日 23:12

コメントする

*
*
*

文字化けを防ぐために、半角カタカナ、丸文字、特殊文字は使用しないでください。
*印の付いた必須項目に入力漏れのある場合は、投稿できませんのでご注意ください。

Copyright © 2020 by Satoshi Ohtani, All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.