« 錯覚 | メイン | 整理 »

2014年2月13日 (木曜日)

勝負 - 1.日々の雑記

その人にはその人なりの、言い分があるのだと思います
それぞれの事情や思いも含めて

その人がどのように考えたかは、その時の材料と思考で各自が判断した、結果なのだと思います
いま、あらためて考えれば、なぜと思えるようなことも、その時はそれが最善の答えだと思って、人は行動しています
と言うことは、人の評価はその数だけ、その時の状況によっても、変わるということです

人は、自分と他人と接する時に、どっちが良いのか悪いのか、どっちが上か下かを、自然と考えていたりします
そう考えてみると、とても悲しい生き物です

でも、人の生き方や人生は、どっちの言い分が正しいかを決めるゲームでもないし、
勝ち負けを競い合う、スポーツをしている訳ではないですよね

大切なことは、事実や現実を、まずは肯定するところから始めることです
ここはダメ、でもここは指摘された通りです
このようなことを、お互いがお互いに対して、感じることができなければ
それをお互いが認め合って、現実を肯定する姿勢が大切なのだと思います
納得はしない、あるいはできないかもしれないけど

喧嘩なら、基本的にはどっちも悪いです
もっと言えば、そういうものだし、その人なりに頑張ってる結果が、そのように表面化しているだけです

しょせん、他人は自分とは同じではないし、ならないものです
それを認めない限りは、すべてがストレスですし、そうしなければただのわがままだと思います

wrote by Satoshi Ohtani : 2014年2月13日 23:21

コメントする

*
*
*

文字化けを防ぐために、半角カタカナ、丸文字、特殊文字は使用しないでください。
*印の付いた必須項目に入力漏れのある場合は、投稿できませんのでご注意ください。

Copyright © 2020 by Satoshi Ohtani, All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.