« 優しさ | メイン | 気づいてる »

2013年5月28日 (火曜日)

第52回 「友人に宛てた手紙」 -欠陥品-の所感 - 2.コラム

[2012/11/05] 第52回「友人に宛てた手紙」 −欠陥品−

少し前に書いたコラムとなりますが、経緯や背景などを少し説明します。

今回のコラムテーマは「友人に宛てた手紙」、そのタイトル通りに友人にあてた手紙(メール)となります。

言い回しや言葉遣いなどは丁寧な口調に変えていますが。
その時のニュアンスなどが変わらないように、極力手を加えずに掲載しています。

-----------------------------------------------------------------------
私は、いままで楽しんで生きてきたかって、自分に問いかけてみたら。
いままで誰かのために、犠牲のために生きてきたように思える。

自分のための時間を削って、誰かのために、自分を顧みずに必死に生きてきた。
でも、これからは自分のために生きてみたいし、自分の好きなことに費やす時間もたくさん取りたい。

それに考えてみれば、いままでは自分ひとりで何かしたことって、あまりなかった。
いつも誰かに頼って一緒に行動していたから、そんな意味ではまだまだ子供だった。
だから、これからはひとりだけで、旅行にも行ってみたい。

あなたはどうですか。
あなたは、とても生き生きとして、充実した毎日を送っているように見えます。
まるで水を得た魚のようです。
-----------------------------------------------------------------------

こんなことを言ってくれた、友人の手紙の問いかけに対して。
自分の置かれている状況、考えや思いを述べたものです。

サブテーマは、「欠陥品」となります。
そんな嬉しいことを言ってくれるけど、そんなに立派な人間ではないし、未熟でそんな域には達してないよ。
実際の現実では、自分のような欠陥品には、苦悩の毎日だし、いつももがき苦しんでる。

僕のような地位のある人間でさえ、実際にはもがき苦しんで苦悩してることをわかってくれることで。
周りの人たちが、勇気や元気を出してもらえるならと、そんなことを思って掲載しました。

その友人は、いつも励ましたり、元気の出る言葉をかけてくれます。
そんな友人に感謝の気持ちを込めて掲載した、コラムとなります。

wrote by Satoshi Ohtani : 2013年5月28日 23:06

コメントする

*
*
*

文字化けを防ぐために、半角カタカナ、丸文字、特殊文字は使用しないでください。
*印の付いた必須項目に入力漏れのある場合は、投稿できませんのでご注意ください。

Copyright © 2020 by Satoshi Ohtani, All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.