感謝 - 1.日々の雑記

誰かに、何か頼まれると、「ごめんね」などと言われます
そんなときは、「ありがとう」の方が、自然だと思います

頼んだことが、やってもらえる前提で話してるみたいで、
ついつい申し訳ないって気持ちを添えて、お願いしてみる

そんなことを気にしていると、いつも謝ってばかりになる

申し訳ないって気持ちより、感謝の気持ちを伝えることで、
お互いが、良かったって思えて、幸せな気持ちになれる

そんなことを気にすると、感謝の気持ちを伝えたくなる

wrote by Satoshi Ohtani : 23:10 | コメント (0)

2013年8月28日 (水曜日)

無意識 - 1.日々の雑記

心の中には、意識、無意識、前意識の3つの意識が存在します
その心の中のほとんどは、無意識で構成されています

無意識とは、意識や中身がない、という意味ではありません
その活動を、自分自身でも意識できないということです
   
人間の心の始まりは、無意識です
産まれた直後の心には、無意識すなわち本能しかありません

さらに、意識から無理やり消してしまった意識ともいえます
・心に抱いたけど表面に出せなかった怒りや恨みの感情
・思ってはいけないと心が判断した欲望
・あえて抑えた方が良いと思われる欲望
など、無視したいものが、そこに追いやられている、といわれています

そんな意識を残してしまうと、心が病んでしまったり、
自分の心にとって都合が悪いとの(無意識の)判断からです

wrote by Satoshi Ohtani : 23:23 | コメント (0)

2013年8月27日 (火曜日)

慣れてきた - 1.日々の雑記

プライベートな姿は、限られた人にしか、見せていない
ほとんどの人は、パブリックな姿を、プライベートな姿だと思ってる

生活するほとんどの時間は、プライベートではない
本当のプライベートとは、ひとりになれたときだと思ってる

それが当たり前で、とても普通なことだから、
家族にさえ、無条件に自分をさらけ出すことはない

限られた、数人の人にだけ、安心して素をさらけだすことができる
それでも、そうしてていいのか、いつも不安を抱えてる

この人は、本当に信用できるのか
私のことを、本当に信用しているのか

そんな問いかけに、応えられることは、ほとんどない
でも、それが当たり前だから、あまり気にしたことはない

もう、そんな人間関係にも、やっと慣れた

wrote by Satoshi Ohtani : 23:28 | コメント (0)

アントニオ・ロペス・ガルシア - 3.お気に入り

現代スペイン・リアリズムを代表する、スペインの画家です

その卓越した技術と観察力によって描かれた世界観は、全世界に熱烈な信奉者を生み出し続けています

以下の2作品は、繊細でリアリティーな溢れていて、とても好きです

・「グラン・ピア」1974−81年
・「トーレス・ブランカスからのマドリード」1974−82年

wrote by Satoshi Ohtani : 23:07 | コメント (0)

2013年8月26日 (月曜日)

気にしない - 1.日々の雑記

他人や周りの人がとやかく言っても、自分は自分

誰かが優しくするから、自分も優しくするとか
みんなで楽しそうだから、じゃあ仲間に入れてとか

そんなことを気にしていたら、
誰かに何かを、そしてすべてを、決めてもらうことになる

周りでどんなに騒いでいても、
自分がすべきことを、自分が覚悟して判断したことを

自分は自分、気にしないで、自分の道を歩んでいく

wrote by Satoshi Ohtani : 23:55 | コメント (0)

未熟 - 1.日々の雑記

苦手だったり、面倒だったり
日常の生活や仕事では、そんなことがたくさんある

やるのかやらないかは、自分で決めればいい
その結果、どのような状況や環境になるかは、いずれわかる

しかし、問題を先送りしたり、目をつぶってみたり
でも、しかたないとか、どうしようもないとか

いつまでも、そんなことを言っていると、
いつかは大きな過ちを、犯すことになる

そのことに、気がつかないうちは、まだまだ未熟です

wrote by Satoshi Ohtani : 23:43 | コメント (0)

河井寛次郎 - 3.お気に入り

陶芸のほか、彫刻、デザイン、書、詩、詞、随筆などの分野でも優れた作品を残している、日本の陶芸家です

若い頃、釉薬(ゆうやく、うわぐすり)を科学的に研究し、自在に色を操った中で、生涯追い求めたのが辰砂(しんしゃ)です

※辰砂(しんしゃ)とは、茜色(赤色)のことです

以下の2作品は、崇高でとても好きです

・「青磁鱔血文桃注」1922年
・「辰砂刷毛目扁壷」1937年

wrote by Satoshi Ohtani : 23:22 | コメント (0)

2013年8月22日 (木曜日)

気づかない - 1.日々の雑記

相手が今何を必要としているのか、
相手の立場になればわかるようなことが、ちっともわからないし、通じていない

それを口にするのも、疲れる
そして、やがて諦めに変わる

でも、そういう人だからこそ、きっと永遠に気づかないんだろう
できる人は、何も言わなくても最初からできるから

wrote by Satoshi Ohtani : 23:56 | コメント (0)

2013年8月21日 (水曜日)

使えない - 1.日々の雑記

「使えない」って、思うことがあります
それでも、だからと言って、本人にどうしろとは言いません

どうするのかは、自らが考えて判断すべきことです
そんな責任や覚悟は、常に持っているべきですから

「使えない」は、単純かつ簡単な評価の一つです

人は、周りのすべての人から、常に評価を受けています
直接的にも間接的にも、思っていても言われないことがあります

最大の評価は、自らが自分に対して行うことです
その評価を自らが真摯にできない人は、「使えない」人です

wrote by Satoshi Ohtani : 23:56 | コメント (0)

楽ちん - 1.日々の雑記

仕事に縛られている時間は、一日の大半を占めている
起きて生活している大半の時間を、仕事で費やしている

ならば、楽しい方がいい
苦しいよりも辛いよりも、楽しい方がいいに決まってる

そんな単純な発想が、間違っているとは思わない
しかし、それを”楽(らく)”と取り違えてる人がいる

楽しい仲間が、職場に居れば良いと思ってる
気の合う、話しの合う同僚と一緒の方が良いと思ってる

なので、そんな人たちの周りでは、
指摘したり、過ちを正したり、そんなやり取りはしない

場の雰囲気を壊さないように
仲間たちとの「仲良し」が、いつまでも保てるように

そんな人たちに囲まれている環境は、
とても楽ちんで、とても居心地がいい

今日も仲良し同士が、ぬるま湯につかって、傷をなめ合う

wrote by Satoshi Ohtani : 23:43 | コメント (0)

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35  次へ
Copyright © 2019 by Satoshi Ohtani, All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.