2013年8月 6日 (火曜日)

可塑性 - 1.日々の雑記

以前は、自分の世界に入り込んで、すぐに集中することができた
集中力とその持続力は、周囲からも驚かれたことがあった

最近では、何か一つのことをしながら、同時に他のことを考えている
いざ集中しようとすると、様々なノイズが気になって遮断できない

しかし、マルチタスキングが得意になったおかげで、
届いたメールをチェックしながら、前席の人と雑談することもできる

携帯電話などない、固定電話が全盛の時代には、
自宅や友人の電話番号は頭で記憶していたし、いつでも再生できた

いまでは、携帯やスマートフォンの連絡先が記憶しているので、
自らが記憶するとの意識は、皆無に等しいほど欠如している

しかし、その反面、大量の連絡先を常に持ち歩くことができ、
数か月前に面談した取引先の担当者に、気になったと連絡もできる

また、子供の頃は、どうしても読めない漢字を親に聞いても、
調べてみたのか、自分で辞書で調べなさいと、言われたものだ

しかし、Google検索を使えば、情報を調べたり探し出すことは、
いとも簡単にでき、膨大な情報を要約する能力も高くなった

技術は私たちの認識のあり方を少しずつ、確実に変化させる

人間が生み出す文明や文化は、人を成長させ進化させると同時に、
何かを失い退化させることを、繰り返すことでもある

... 続き

wrote by Satoshi Ohtani : 23:37 | コメント (0)

フォーマル - 1.日々の雑記

指摘したって、本人がその気にならなきゃ
不平不満しか感じないなら、気分が悪いだけです

仕事は、あなたの「もの」ではありません

なら、自分を肯定できる理由を、説明すれば良いのです
なら、もっと仕事を真剣に取り組めば、良いのです

楽しければ、言われたことは、そんな程度なら学校と同じです
理論や理屈、是々非々で議論ができない人は、とても面倒です

仕事は、そんな軽いものではなく、とてもフォーマルなものです

wrote by Satoshi Ohtani : 00:01 | コメント (0)

2013年8月 5日 (月曜日)

謝る - 1.日々の雑記

素直に謝る、そんな普通のことが苦手な人がいます
自分の間違いや過ちを、素直に謝れないんだね

なぜ、相手や周囲に対して謝ろうとしないんだ、
そんなくだらないことを、言ってる訳じゃない

自分のしたことが、本当にダメなことなのか
どうすべきだったのか、気持ちや考えを整理する

その結果、自分の弱さや至らなさに、気づくことになる
そんな自分と、真摯に向き合う気持ちを、大切にして欲しいからです

でも、面白くないし、認めるのは悔しいから
そんなことにこだわって、相手に求めてばかりになる

謝れるかどうかは、相手や相手の出方にも依るから
下手に出てくれれば、謝ろうって気持ちになるのに

いつまでも、そんなことばかりしていると、
きっと、大切なものを、失ってしまうことになる

wrote by Satoshi Ohtani : 23:48 | コメント (0)

2013年8月 3日 (土曜日)

意識 - 1.日々の雑記

長期休暇を取っている子が、そんなにのんびりもできないし
朝はちゃんと起きて、朝食くらいは作らないとって

でも、二日目にして、寝坊してしまって、そう言ってました
僕なら、そんな風に考えてくれるだけで、心から感謝です

仕事でも同じように、必ずしも結果を求めているのではなく、
意識して気にしてくれてることが、大切なのだと思います

目先の結果を望んでる訳じゃなくて、ちゃんと考えてくれてる

そんな些細なことが、明日への成長につながっていくだろうし、
目に見えない信頼が、そこに生まれてくるのだと思います

そんなことを、大切にして欲しいです

wrote by Satoshi Ohtani : 00:01 | コメント (0)

2013年8月 2日 (金曜日)

カード - 1.日々の雑記

仕事上の契約手続きで、譲れないことがなかなか通らず
取引先から、このままでは難しいとの回答がありました

取引先の契約基準で決められたルールと、
現場の実体とが一致していない悪しき慣習を、理解してくれたら

現場レベルで調整しても、規則やらルールだとか、
そんなことばかりで全然らちが明かずに、時間ばかりが過ぎて行き

権力やコネを使うのは、個人的には嫌悪感さえあるけど
個人の好き嫌いや主義主張よりも、背負うものを真摯に考える

いくつも飛び越えて、トップダウンの「調整」をお願いした

担当者がしなくてもいい苦労はしないように、環境を整える
現場の水面へ波紋を起こせれば、少しでもお役に立てるはずですが

気分は、あまり良くはないけど、
社会の構図って、こんな景色で構成されているのも、現実です

ただ、こんなカードを切る機会は、あまり欲しくないです

wrote by Satoshi Ohtani : 23:54 | コメント (0)

リハビリ - 1.日々の雑記

お世話になっている方が、当社にお越しになった
アドバイスすることもあるし、リハビリも兼ねて行くから

ご訪問は、数日前に連絡があり、予定してました

お取引先の状況や、旅行するならどこが良いかなど、
身のある仕事の話しから雑談まで、いろいろなお話しを

その方の部下にあたる、取引先の知り合いの子が、
自分のキャリアや進路を考えたいと、長期休暇を取ってて

その日、話しを聞いたり励ましたり、メールでやり取りを
すると、私もそちらに行きたいので、行っても良いですか

そんなことで、その子も急きょ加わることになって
みんなでガヤガヤと、ほぼ終日、ほぼ雑談してました

たまには、こんな日があっても、いいかなと

wrote by Satoshi Ohtani : 23:46 | コメント (0)

雑 - 1.日々の雑記

そもそも仕事をちゃんとできない人は、
人としての興味の対象からは、外れます

仕事に対する姿勢が真摯な人は、
人として、とても素敵だし魅力的だと思います

その人の、人や物に対する責任や真剣さが、
その人の日々の行動や言動に、自然と表れます

仕事は雑でいい加減なのに、
人の接し方は丁寧な人、そんな人は、いませんから

まして、仕事や人を選んで接し方を変える人は、
信用できないし、その人の主観で質が変わるってことです

まぁ、どうでもいいことです

wrote by Satoshi Ohtani : 00:02 | コメント (0)

2013年8月 1日 (木曜日)

責任 - 1.日々の雑記

簡単に仕方ないって諦めて笑えるのは、責任がないからです
責任のない仕事をしてる限り、仕事場で遊んでるのと同じことです

アイディアや知恵が足らないとか、そんな問題ではありません
その人の、仕事に対する姿勢や真剣さが、表れています

そんな人は、雑な仕事ばかりで、
いつまでたっても、ミスやモレはなくなりません

どうすれば、自分のミスやモレがなくなるか

そんな簡単で重要なことが、気にならない人だから、
簡単に笑顔で、仕方ないって諦めることができるんです

誰かに頼ったり、依存する人は、責任を持たない人が多いです
誰かがやってくれる、だって仕方ないから

そのような人が周りにいるなんて、思いたくないです

wrote by Satoshi Ohtani : 23:50 | コメント (0)

自転車 - 1.日々の雑記

週末の休みになると、自転車で出かける

用事を済ませるのに車を使う、って感覚がないから
何となく歩いてみたり、自転車で出かけたり

晴れた日に、風を感じながら自転車を走らせる
田園の中を土や緑の匂いを感じながら、鳥のさえずりを聞く

時間が、のんびり流れていくのも、心地いい

それと、たまには、バスに乗るのもいいです
いつ着くかあてにならないのに、そんなことすら楽しめます

wrote by Satoshi Ohtani : 00:02 | コメント (0)

2013年7月31日 (水曜日)

ペルソナ - 1.日々の雑記

人は、もともとペルソナを持っている

ペルソナとは外面的な仮面で、
社会に適応するために身にまとった、パーソナリティと言える

人は、いくつものペルソナを使い分けている
仕事で見せる顔、プライベートで見せる顔、そしてひとりのとき

あるペルソナが常に表面化し常態化するなら、
それがもっともポピュラーな、自分のパーソナリティと言える

本当の自分の顔とは、そのような疑問はナンセンスである
ペルソナを形成したのも自分であって、すべてが自分なのだから

どんな人とどんなときに、もっとも自然でいられるのか
誰かと一緒にいるとき、それともひとりのとき

人が誰かと接するとき、または行動するときには、
何が意識的で、どこまで無意識なのかは明確には理解していない

自分はどんな人なのかは、永遠に求め続けることになる

wrote by Satoshi Ohtani : 23:42 | コメント (0)

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35  次へ
Copyright © 2019 by Satoshi Ohtani, All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.