成長 - 1.日々の雑記

いつまでも同じことを、考え続ける
答えが出るまではと、諦めずに考える

わずかながら、ほんの少しずつだけど
前に進んでいる、そんな気持ちになる

今の自分自身や、自分の思考回路では、
考えや答えを出すことが、できないのなら

まず、すべきことは
自分のすべてを否定することから、始める

考え方や思考回路、その手順や優先順位
見直して、変えて、新たなことに挑戦する

成長するかは、変わることができるか
まだまだ、未熟です

wrote by Satoshi Ohtani : 23:09 | コメント (0)

2014年1月20日 (月曜日)

答え - 1.日々の雑記

きっと答えは、いつかは必ず見つかる
いつの日か、この長いトンネルを抜け出せる

きっといつかは、誰かが自分を助けに来てくれる
そしてこの苦しみから、解放される日が来る

そんなことを期待して、日々生きている
そして今日も、何も起きなかったとつぶやいてる

その答えは、実は、そんなに難しいことではない

日々、明日のために、今日やれること
精一杯、真剣に悩んで、一生懸命に考える

そんな程度のことを、まじめにできるかどうか
そんな些細なことすらできないような、人間なのか

いつまでも根気強く、自分に求め続けられるかどうか
すると神様は、ちょっぴり、微笑んでくれる

答えは、忘れた頃に、そっと見つかる

wrote by Satoshi Ohtani : 23:27 | コメント (0)

2014年1月17日 (金曜日)

情報 - 1.日々の雑記

精度や質を問わずに、情報をいとも簡単に発信して垂れ流す
きっと情報を利用する側が選択し、振るいをかけて、考えるだろう

その情報が有効なのかを、自己の判断に求めることは、
成熟した自立すべき大人には、必要かつ不可欠なことだ

ただし、選択の自由を与えられた情報には、組織を統率する力はない
新たな自由な発想や意識、改革を求めた情報発信に使われるべきものだ

環境や状況の変化にともなって、情報を共有する
具体的な行動を求めるのか、意識して欲しいのか

自分が何をすべきか、相手に何をして欲しいのか
そのためには、どのように、どのような内容を伝達すべきかを考える

組織やチームが同じ方向に向かうように、意思統一を図るためには
何のため、どのようなことを実現するためなのか、目的を明確にする

具体的な指示は手段であり、時と場合によって使い分ければ良い
色々なやり方や工夫も手段であり、各自が自由に思考すれば良い

目的が明確になれば、向かうべき方向を誤ることは少ない

「だから、何?」
「だとすると、私は何をすればいいの?」

と問いただされてしまうような”情報共有”は、耳や頭には残らない

wrote by Satoshi Ohtani : 23:29 | コメント (0)

否定 - 1.日々の雑記

煙たがられて、嫌がられて、嫌われる
そう感じる場面が多くて、気が滅入る

ことを荒立てたりせずに平穏に、そして無難に
わかっていても否定せずに、そして非難せずに

励ましあったり、時には褒めてみたり
傷を舐めあっては、共通の「敵」への愚痴や不満だけを、受け入れる

どう考えても出来ないようなことを、
そんな無理ですよ、出来ませんよって、意見したり

どう考えてもおかしいことを、
それって変ですよ、おかしいですよって、指摘したり

そんな否定や非難は、協調性がない人間と、とがめられる
そして、ひたむきに頑張ってる偽りの姿勢を、心がける

否定されたって、誰もが思ってる
確認したり理由を聞いたつもりが、そう思われてる

いつも、誰からも、否定されてる

wrote by Satoshi Ohtani : 23:17 | コメント (0)

2014年1月16日 (木曜日)

必ず - 1.日々の雑記

ここから先には、道(ストーリー)はないかも
そんな不安と闘いながら、毎日を生きる

どこまで行けば、終着駅が訪れるのだろうか
誰に聞けば、どこまで行けば、その答えが見つかるのだろう

自分からも求めて、周りからも求められる

大海原に、勇んで沖に出てみたけど
垂らした釣り針は、何時間たってもびくともしない

これでもかって、もっとジタバタして、もがいてみる
そんな泥臭い生き方が、自分にはとてもあってる

生きてるって、気がするし
いつかは、きっと結果は出るし、出せるはずだから

何もしなくたって、何かしてても、不安はなくならない
自分くらいは、自分を信じる気持ちを、持ち続ける

そう思い直して、やっと、楽しくなってくる
必ず、やる

wrote by Satoshi Ohtani : 23:28 | コメント (0)

脱皮(=自問自答) - 1.日々の雑記

君は、何がしたかったの?
したかったことを、迷わずにできてるの?

君のしたかったことを呼び戻す時間を、作った方がいい
本当の君は、何をしたかったのか

日々の出来事や、周りの思惑に流されたり
したかったことを、心の奥底にしまいこんでしまったり

いろいろな人に、否定されたり、卑下されたり
そして、何もしていないから、悔しい思いになるんだよ

ずっと、同じ悩みを抱きながら、ここまで来た
もうそろそろ、脱皮する時期だよ

頑張れ、頑張るから

wrote by Satoshi Ohtani : 23:14 | コメント (0)

2014年1月15日 (水曜日)

技術 - 1.日々の雑記

属人化とは、人から人に受け継がれていく技術である

ルーチンやフレームに変換できない、そして提供できない
具現化や形式知化しにくい、芸術性の高いものであるはず

会社ルール、規定に沿った業務はフレーム化がしやすい
特異な技術や思考回路を、すべて形式知化する必要はない

誰もが手順に沿って組み立てられる術など、真の技術ではない

均一な製品やサービスを、大量生産していた時代ではない
求められているものが違う

wrote by Satoshi Ohtani : 23:15 | コメント (0)

価値 - 1.日々の雑記

サービスに対価を支払うことに、抵抗はなくなった

・警備会社(セコム、ALSOK)は、安全や安心を
・飲料水は、水道水からミネラルウォーターに

これらのサービスは市民権を得て、社会に浸透するようになった

適度な情報が、インターネットや検索サービスで得られるようになった
価値をお金で買う、価値ある情報には対価を支払う時代となる

求められているのは、質の高い情報や鮮度や精度、なのだろうか
精度や質を向上させたデジタルな情報を、欲しがってると躍起になる

自分が必要とはしていない、自分では気がつかない
自分とは価値観が異なる、情報や気づき、そして余計なお世話

これから本当に必要な情報は、そんな情報ではないだろうか

wrote by Satoshi Ohtani : 23:05 | コメント (0)

2013年10月 7日 (月曜日)

後悔 - 1.日々の雑記

自分のことや、明日の自分のことは、
何も担保されてないし、保障されていない

明日の自分は、どんな姿で、どんなことしてるのか
どんな人と出会って、そして、幸せって思えるのか

当たり前のことだけど、誰にもわからない
もしかすると、訪れることは、ないのかもしれない

でも、かすかな期待を感じながら
また、明日を夢見て、自分のできることをする

そして、後悔しないように、生きる

開き直って、どうせ、って生きるのではなくて
自分の好きなように生きるって、ことじゃなくて

でも、なんで、生きてるんだろう
何で、生きてきちゃったんだろう

そんなことを思ったり、考えたりしないように

何となく、生きてて楽しいって、思って欲しい

wrote by Satoshi Ohtani : 23:15 | コメント (0)

信頼 - 1.日々の雑記

傷つきたくないから、素直になれない
それまでは、自分の気持ちは、知られたくない

純粋に、親切な人だから、そうなんだろうか
それとも、自分のことが好きで、親切にするのかな

そんな区別は、どうしたらわかるんだろう
そんなこと、簡単になんて、わからないよね

だから、どっちに転んでも良いように、
逃げ道っていうか、確証や担保が、欲しくなる

そして、そんな気配が、わかるまでは
自分からは、なかなか、素直になれない

それは、素直になるか、ならないか、じゃなくて
本当のことを、知らなくても、いいのかなってこと

相手のことを、本当に、真剣に信頼できる
信頼しても良いって、思えるか、じゃないかな

その人を、心から信頼することが、できるか
素直な気持ちで、相手に向き合えるって、思えるか

そうすれば、決して、傷つくとは思わないはずだし
そんな人なら、傷つけるようなことも、しないと思う

素直になるってことは、心を開く
心の中を、信頼して、その人に見せるって、ことだと思う

wrote by Satoshi Ohtani : 22:44 | コメント (0)

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35  次へ
Copyright © 2019 by Satoshi Ohtani, All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.