2013年7月25日 (木曜日)

前向き - 1.日々の雑記

周りの人などに対して、
好き嫌いがはっきりしてるって、思われてます

あまり隠したりもせずに、
自分の気持ちなどを、周囲に率直に話したりしますし

そんなところが、きっと勘違いされてると思います

思ったことや気づいたことを、
隠したり、陰でコソコソするのが嫌いなんです

なので、そのまま相手の方にも、
思ったことを素直に伝えて、引きずらない

言い方も、ストレートに伝えるので、
きっと、かなり怒ってるとか、嫌な思いをしてるとか

よく、そんなことが、漏れ聞こえてきたりします

人って、日々成長するし、気持ちも変化します
いつまでも一つのことで、固執することはありません

矛盾するかもしれませんけど、
一度信頼した方は、ずっと信じて待ってると言うか

どちらかと言うと、見守ってるって感じだと思います

元気な時もあるし、体調が悪くなる時もあります
そんな一つ一つを、良い悪いで、決めつけたくないですから

自分を信じて、もっと前向きに生きていて欲しいです

wrote by Satoshi Ohtani : 23:56 | コメント (0)

外国語 - 1.日々の雑記

日本語が正しく話せない人は、
外国語が上手に話せたり、上達などはしません

その人が使う言葉は、
その人の思考と行動を、顕著に表しています

思考と言動が密接に関係しているのは、
人は考えるときに、言葉で考えて、判断しているからです

だから、言葉によって、
大衆や人の心を、動かすこともできてしまうのです

日本語で表現できることの、
半分以下くらいしか、外国語では表現できないはずです

母国語の日本語すら満足に話せないのに、
外国語は上手に話せる、そんなことはありませんから

外国語を上達したければ、
まずは、正しく日本語で表現できることが、大切です

ちなみに、私は普段の会話のときに、頭の片隅で、
日本語と英語の両方で考える癖をつけてます

wrote by Satoshi Ohtani : 00:11 | コメント (0)

2013年7月24日 (水曜日)

考え方 - 1.日々の雑記

ある一つの意見や考え方は、
正しいか否かではなく、一つの見解として存在します

結論として見解がどうあるかではなく、
どのようにしてその見解に達したのかが、論点なのです

そして、そこを見極めるのが、もっとも肝心なことです

そこを見ようとするときに、
頭脳は動きだし「考える」ことを始め、知性を生みます

自分自身の意思によって考えることが、とても重要です

wrote by Satoshi Ohtani : 23:54 | コメント (0)

恥 - 1.日々の雑記

恥をかくようなことは、恥ずかしいことであり、
カッコ悪いから、なるべく無難なことをする

恥をかかないように、どんどん消極的になって、
相手にだけは届くような、小さな声で会話をする

もし間違っていたら恥ずかしいし、
周りに聞こえてしまったら、カッコ悪いから

恥になるようなことをしてて、
他人から魅力的に見える訳がないって、思ってた

でも、人前で叱られたり、失敗したり
沢山の恥をかいたし、消し去りたいほどのミスもした

いやと言うほど恥をかき、
歯を食いしばって恥のトンネルを、くぐり抜けてきた

恥は、沢山かいた方が良いと思ってる

好き好んで恥をかきたいとは思わないが、
恥をかくことを恐れずに、積極的に恥をかきにいく

そんな人は、人間的に、とても魅力的だと思ってる

wrote by Satoshi Ohtani : 23:38 | コメント (0)

心 - 1.日々の雑記

問題解決の糸口は、事実と心の中にあります

ミスを指摘されると、失敗は許されないと感じます
ミスはミスであり、失敗は人を成長させるきっかけです

自分がどう思い考え、そしてどうしたいのか

日々の生活の中から、何かを学び感じられる
わずかながらでも、自分を変えていける

そして、誰かのために生きていける

そんな心を持った人が、良いと思います

wrote by Satoshi Ohtani : 00:04 | コメント (0)

2013年7月23日 (火曜日)

勲章 - 1.日々の雑記

誰かに認めてもらいたいとか、評価して欲しいとか、
子供のころから、承認欲はあまり持っていなかったです

ありがたいことに、表彰状も何枚か頂いてますけど、
昔から勲章的なものにも、あまり興味は持てなかったです

誰かに認められたい欲求は、誰にでもあるみたいですね
その強弱は、人それぞれなのだろうけど

私は、あえて言うならば、
自分の存在を否定せずに肯定して欲しい、それだけです

認められなくても、非難されても一向に構わないですし、
人に嫌われたとしても、仕方ないことだと思ってます

諦めている訳でもないですし、ごくごく普通のことですし、
いろいろな方に、積極的に好かれたいとも思ってません

互いの価値観が同じだったり、心から信頼できる、
ひとりでもいいので、そんな人と巡り合えたら

誇らしい勲章になるはず、と思ってます

wrote by Satoshi Ohtani : 23:55 | コメント (0)

2013年7月21日 (日曜日)

友人 - 1.日々の雑記

いつもニコニコと笑顔で、
僕の顔を見ては、話しを静かに聞いてた

あなたは、こんな仕事をしてる人じゃないとか
あなたなら、大丈夫だからとか

元気づけてくれた

簡単に引き受けてきちゃ、駄目ですよ
人が良すぎるんだからと、一度だけ、叱られた

そんな時も、優しい気持ちが伝わってきた
一緒に居ると、穏やかな気持ちになった

元気をもらったり、励ましてもらったり

もらってばかりで、何もしてあげられてない

wrote by Satoshi Ohtani : 22:34 | コメント (0)

2013年7月19日 (金曜日)

退職 - 1.日々の雑記

退職希望の方が、いたとします

その人が出した答えや結論、欲求も含めて
そうしたいと考えたのなら、そうさせてあげたいと思います

その人が出した結論ならば、否定することはありません
それが、その人の意思を尊重することだと思ってます

それと、私から辞めるように求めることは、ほぼないです

私が、その人の道を、決める権利はありません
自分の考えや意思を、押し付けたくもありません

もしそうなら、どう思うのかを、知りたいのなら、
そう聞いてくれればいいです、いくらでもお話します

寂しくないとは、思わないですよ
ただ、仕方のないことでもあります

でも、その人が選択する、自由な道なのです

wrote by Satoshi Ohtani : 23:57 | コメント (0)

感情 - 1.日々の雑記

仕事で、誰かの決めたことやしたことが、
不満だからと、指摘するようなことはありません

その行為自体や考えなどに、問題があるのではと、
そう考えたからで、その人に対する感情ではありません

仮に、その人に好き嫌いや苦手の感情があったとしても、
仕事では、良い悪いの基準で、判断していると思います

例えば、ある人と喧嘩していたとしても、
仕事で打ち合わせが必要ならば、会話も議論もします

面白いから、仕事をしたいと思う訳でもないし、
面白くないからと言って、仕事をしない訳にもいきませんから

ただ、その人から、感情的にも求められていないような場合は、
近寄らないように、相手にしないようにします

そう求められているのでしょうから、
寂しいですけど、そうするしかありませんから

ただし、プライベートでは、感情をとても大切にしています

wrote by Satoshi Ohtani : 23:43 | コメント (0)

相手を選ぶ - 1.日々の雑記

役職や立場上から、
いろんな人と接したり、相手にする必要があります

そんな時、会話などの際に、
相手の伝えたいことや考えを、理解しようとします

すると、知らず知らずのうちに、
相手の基準に合わせた、口調や振る舞いになることがあります

相手の気持ちになって考えようとしていると、
無意識のうちに、そうなってしまうことがあるようです

あとから振り返った時に、
なんであんな言い方を、などと後悔することも多いです

自分の軸を、どうして相手によって、崩してしまったのか

どんな人でも、すべての人を受け入れる、
そんなことを大切にしてきたことも、歪を生んでいるのかも

これからは、自分に合った人との付き合いを大切に、
誰とでもではなく、相手を選ぶことも、必要なのだと思います

wrote by Satoshi Ohtani : 00:14 | コメント (0)

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35  次へ
Copyright © 2019 by Satoshi Ohtani, All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.