2013年7月 3日 (水曜日)

神様の優しさ - 1.日々の雑記

楽しいことは、いつかは必ず訪れる
悲しいことも、いつかは必ず訪れる

いつ訪れるかは、誰にもわからない
だから、ワクワクもするし、不安にもなる

楽しいことなら、
サプライズでさえ、いつだろうと歓迎できる

でも、辛く悲しいことは、
突然訪れたら、悲しむことさえできなくなる

だから、できるならば、
なだらかな坂道を下るように、訪れて欲しい

これでもかというくらいに、
ひとつひとつの出来事が、積み重なるように

そして、気持ちや思いを、
噛みしめて納得しながら、忘却すればいい

神様の優しさかな、僕は恵まれてる

wrote by Satoshi Ohtani : 23:06 | コメント (0)

2013年7月 2日 (火曜日)

気遣い - 1.日々の雑記

大人の気遣いや配慮、
そんなことができる人には、グッときます

心が温かくなるし、すべてを受け入れたくなる

でしゃばる訳でもなく、さりげない気遣い
とても可愛らしいなって、純粋に思います

自分が自分がっていう人よりは、
周りに対する優しさを持てる人が、素敵です

周りや相手への思いやりが、自然に伝わって

そう思える人って、なかなかいないですね

wrote by Satoshi Ohtani : 23:25 | コメント (0)

素直 - 1.日々の雑記

人の話しを聞いている時に、
真っ直ぐな気持ちで、素直に聞くことは難しい

人の話しを聞きながら、勝手な思い込みで、
それはきっとこの方がいいとか、難しそうだとか

自動的に、自分の憶測や思い込みで、
勝手に決めつけて、聞いていることがあるはずです

特に、過去に経験したり、自分が得意とするもの、
そんな情報は、思考が自動解析してしまうからです

まずは、すべてを素直に受け入れる
そして、すべてをゼロリセットで考える

いつも、いかに純粋で素直になれるかを大切にする

wrote by Satoshi Ohtani : 23:13 | コメント (0)

WE(私たち) - 1.日々の雑記

でも私は、
と説明されたり言い訳されると、ガッカリします

まずは、自分としては、自分の考えとしたら、
そんなことを思考したり、伝えたいからだと思います

自分からの方向だけで、物事を見る癖がついています
いつもの癖を、困ったときなどは、してしまうのです

そして、それは意識の問題だと思います

I(私)ではなくWE(私たち)という言葉を使う

そんな意識をしながら、会話するように心がける

wrote by Satoshi Ohtani : 23:07 | コメント (0)

2013年6月30日 (日曜日)

自信 - 1.日々の雑記

自分に自信を持つということは、覚悟すること

自分がしたことに、肯定されても否定されても、
自分が選択したのだからと、開き直れること

たいていは、不安を抱えたまま、悩んでる
不安になって、孤独感を味わうこともある

それでも、失敗したとしても、
それで良かったんじゃないって、言ってくれる

それでいいんだよって、
言ってくれる大切な人が、背中にいることが大切です

wrote by Satoshi Ohtani : 22:47 | コメント (0)

日本人 - 1.日々の雑記

周囲と仲よくしたり、溶け込んだりする
みんなと「楽しい時間」を過ごすための配慮だから

仕事を円滑に進める上で、大切なことだし、
単純に、質問しやすいし、優しくしてもらえるから

よって、仕事ではなく、趣味嗜好で結びつこうとする

仕事の利害を共有し、多様性を求めるのではなく、
互いの同質性を一致させるように努力していく

そんなことへの配慮なら、とても日本人的な発想です

wrote by Satoshi Ohtani : 22:12 | コメント (0)

教える - 1.日々の雑記

人を育てようと考えるならば、
教える側には、絶対的な価値基準が必要となる

良いものは良いし、ダメなものはダメ

しかし、教える側の絶対的な基準を、
すべての人に、同じものを求めるのは間違っている

その絶対的な基準にしたがって、
いま求めるべき、相手に合った基準を定義する

良かったら褒める、ダメなら悲しむ

これを繰り返していると、
時に教える側の顔色や様子を見て、行動するようになる

よって、大切なことは、
何が良くてダメなのかを、丁寧に説明することにある

いま何が求められていて、
そして、自分は何をしなければならなかったのかを

気に入られようとさせるのではなく、
良いから、評価され、ダメだから、否定される

これを正しく理解させて、自分なりの基準を形成させる

成長とは、経験と学習による行動の変化であり、
教えるとは、決して自分の基準を押し付けることではない

wrote by Satoshi Ohtani : 21:33 | コメント (0)

2013年6月29日 (土曜日)

何となく - 1.日々の雑記

なかなか自分に、自信が持てなかったりもするし
自分以外の人からの評価に、とても敏感なんだと思う

自分の考え方や意見に対して、反論されたりすると、
自分の人格が、否定された気分になってしまって

それが、わかって欲しい人からされた時は、なおさら
その反動で反発しては、言い返したくなったりする

もっと自分のことを認めて欲しいのにって、思ってる

ちゃんと認めてるんだけど、そんなこと言ってないし、
言わないから、伝わる訳はないよね

もっと自分のことを、大切にして欲しいなって思う
もっと自分のことを、褒めてあげてもいいのにって思う

人恋しくて、とても寂しがり屋なのだと思う

wrote by Satoshi Ohtani : 22:24 | コメント (0)

勉強 - 1.日々の雑記

知り合いの中学一年生のお子さん、
初めての試験結果が悪くて、自分から勉強をしだしたと

僕の子どものころは、自分の机はあったけど、
勉強らしきことは、ほとんどした記憶がなくて

だから、つくづく偉いなって思う

定期的に出る宿題、夏休みや冬休みの宿題も、
呆れるくらい、まったくと言っていいくらいしなかった

その机では、いつもボーと考え事をしていたり、
宿題やらないとって考えながら、でも、まぁいいやって

だからと言って、授業中は真剣に聞いてたかって言うと、
やっぱり、外を眺めながら、ボーと考え事をしてた

先生の教えてくれてる言葉が、耳に入ってこなかったし、
席に座らされてる、そんな感じだったのだと思う

学校の授業や勉強には、ほとんど興味が湧かなかった

いま思うと、良く生きてこれたなって、つくづく思う

wrote by Satoshi Ohtani : 22:12 | コメント (0)

姿勢 - 1.日々の雑記

作業項目を検討したり、洗い出す時には、
「何を(What)」に集中して、抽出するようにします

その時に留意する点は、
「なぜか(Why)」であり、なぜ必要となるのかです

このことに注意して、整理することが重要です

抽出する過程の悪しき例は、
「どのようにすれば(How)」に、発散することです

すると、必ずと言っていいほど、
「できるか、できないか」、「難しいか、難しくないか」
を、考えるようになります

本来、求めるべきは、
「必要か、必要じゃないか」です

「どのようにすれば(How)」は、最後に考えます

思考回路という姿勢を正して、歩くことが大切です

wrote by Satoshi Ohtani : 00:38 | コメント (0)

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34  次へ
Copyright © 2020 by Satoshi Ohtani, All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.